「永遠を求める人」と「速さを求める人」

今日は「永遠を求める人と速さを求める人」という話をします。人を2つのタイプに分ける話です。その他もいると思うのでこの2つにぱっきり割れるような分類の話ではないですが。

いままで仕事をしてきて永遠を求める人というのがいるなと最初に考えるようになりました。そしてその逆にあたる人ってなんだろうと思ったときに「速さを求める人」かなと思ったのです。対になる単語ではないですが。

先に断っておきますが、これはもう完全に独断と偏見です。偏見の話です。32年しか生きてなくてコマ撮りしかやってこなかった若造が言うことなので話半分に聞いてください。

5300字。

【永遠を求める人とは】
「永遠を求める人」とは簡単に言うと職人タイプの人です。「自分が作った作品がそのあと長いあいだ世に残る。作品が残らなくても、自分の技術が継承されていく。自分の名が後世まで残る」そういうのを望む人。例えば革職人とか木工職人とか。技術職も芸術家もそう。つまりはartistか。あとは科学者とか研究家みたいなのがそう。

【速さを求める人】
これに対して「速さを求める人」というのは言い換えると「新しさを求める人」です。新しさというのは最新のものだったり流行だったり。「新しさ」の価値は「速さ」かなと思ったので「速さを求める」と言ってみましたが、どちらでも良いです。これは、テレビや雑誌のマスコミとか広告代理店とかの人のことです。テレビ番組では新しいお店の紹介とか流行ファッションの紹介とかありますよね。そういうのは情報の鮮度が命なわけで、マスコミの人たちは常に新しいことを求めています。そういうものをひたすら追いかけている。

【広告の世界の速さを求める人】
広告にもそういうところがあって、流行りの芸人や俳優をCMに起用して話題になるように、とかを考えています。そしてCMに役者を使うときは使用期限があります。俳優との契約期間があってそれをすぎるとそのCMは放送できなくなります。役者さんからしてみると自分がずっと1つの商品のイメージがついてしまうと次の仕事が来なくなってしまうということもあるので、そうならないように契約期間があるわけです(逆に同じCMをやり続けてイメージを固めているタレントさんもいます)。つまり基本的にはCMはある一定期間しか見てもらえない映像なわけです。

そういう期限があることは当たり前といえばそうなのですが、自主制作したコマ撮りをYouTubeにアップしてきた僕からしたらその契約は思いもよらないものでした。だってYouTubeとかって永久に公開してられますからね。いつでも誰でも何年後でも誰かが再生してくれる。

それに対してCMはそうはいきません。その意味でCMは生物(なまもの)です。放送期間のあいだにヒットしないといけない。当然ですが放送するのにもお金がかかるので、CMをテレビで永遠に流し続けるわけにもいきません。「いつかヒットしたらいいな〜」なんて悠長な考えではいけないわけ「今ヒットするかどうか」が大事になる。そうなるとこのCMが今の時代にあっているか。世相や流行にマッチしているか、必死に考えます。

「速さ」の違う例としては新しい映像表現とか新しい技術とかも広告の人たちは常に求めています。プロジェクションマッピングが出てきたらそれでなにかできないかと考えたり、ドローンが出てきたらドローンで何か撮影できないかと思ったり、もうちょっと前のことならTwitterが流行りだしたらTwitterと連動したキャンペーンを考えて、Facebookが流行りだしたらFacebookと連動したキャンペーンを考えたり。
僕もよく言われます。「プロジェクションマッピングでコマ撮りできないですかね?」「ドローン使ってコマ撮りの面白い企画ないですかね?」みたいなことを広告関係のプロデューサーなどに聞かれます。すぐアイデアがでないのでいつも困るんですが、そもそも僕がそういう最新技術に飛びつこうという意欲がないことにしばらくして気づきました。僕は速さを求めない人のようです。

【確固たる何か】
速さを求める人たちは新しいものを使って何かをするかわりに1つのことをじっくりやろうという考えが薄いと思います(そうじゃないキャンペーンや、そうじゃない考え方の広告の人がいるのもわかってますが)。
「永遠を求める人」にはそういう「新しいもので今すぐに何かしよう!」という感覚があまりない。いますぐにヒットしなくても数年後に評価されれば良い。「ゴッホは自殺した後に評価されたわけで、さすがに自殺は嬉しくないけど、芸術ってそういうもんだったりするよね。だから良い作品を作っていればいつかはちゃんと評価されるはずだ。いますぐ評価されなくったって、俺はこれを作り続けるよ」それが永遠を考える人の思考パターンの1つ。

永遠を考える人はそういう長期的な目的があって、生涯をささげるものがあるので、自分の中に確固たる何かを持っている。他人には分かってもらえないかもしれないけど、自分にとっては大事な確固たる何か。そういうものがある人は自分というものがブレにくく、周りから言われた言葉で慌てたりしない。周りを気にせず一人でしっかりと立っていられる。究極、誰にも会わずに自宅でもくもくと自分の作業と向き合っているだけで生きていける。作品作りとか研究をずっとするだけで満足できる。それゆえに永遠を求める人はコミュニケーションをあまりとろうと思わない。

【コミュニケーション能力の必要性】
コミュニケーション能力があるのは速さを求める人たちです。広告代理店の人たちとかを見ると「コミュ力の塊か!?」と思うことがあります。そもそも仕事がそうだからね。メーカーなら商品は自分たちのものですが、広告の人たちにとっては商品は誰かが作ったものなので、クライアントとユーザーという他人と他人をつなぐのが広告の人たちの仕事です。彼らの仕事は確実に他人の為のものなので、常に相手のことを考えて生きています。
これまでに何度か代理店がクライアントにプレゼンするのに同席したことがあります(CMの映像監督はクライアントと直接やりとりしないことも多いです)。そのプレゼンの準備の様子を見ていると代理店の人たちはものすごい気を使っているのがわかります。資料の順番とか文章の言い回しとか、1つ1つがクライアントにちゃんと伝わるかどうか、変な誤解を生まないかどうかをすごく気にしている。「クライアントが納得しなかったらお金がもらえないから、必死になるのは当然だ」みたいな言い方もできますが、とにかく気を使いまくっています。そういうのを見て僕は「この企画は面白いから、そんなに心配しないでも分かってもらえると思うんだけどなー」みたいなのんきなことを思ってしまうのです。僕はプレゼンする気がないのか(笑)。

永遠を求める人、つまり確固たる何かが自分の中にある人は自分に自信がある。「良いものさえ作れば理解してもらえる」と思っている。確固たる何かを持つ人は一人きりでもやっていける。それに対して確固たる何かがない人は誰かと繋がってないと生きていけない。それゆえにコミュニケーション能力が高くなる。プレゼンの準備を見て、そんなことを考えました。

ここからさらに偏見を進めた話をします。

【社会をつくる人々】
永遠を求める人と速さを求める人、どちらが良い悪いではないと言いたいとこですが、社会というものを作っていくためには「速さを求める人」つまり「コミュ力で生きていく人」の方が大事だと思っています。永遠を求める人だけでは社会はつくられない。

学校のクラスがあったとして、その中に「永遠くん」と「速さくん」とその他のクラスメイトがいたとします。永遠くんは教室のすみっこで一人もくもくと革細工を作っています。そこにクラスメイトが1人やってきて「へぇ〜、この革細工、永遠くんが作ったの?すごいかっこいいね」なんて言ってくれて、永遠君はその一言で満足してまた自分の作業に篭れる。でもそれでおしまい。その革細工がクラスに広まることはない。
そこに「速さくん」がやってきて革細工を見たら「すげー!なにこの革細工!永遠くんが作ったの!?これ、すごくね!みんなー!これすごくない?これー!革細工だってー!まじかっけー!」ってお祭り騒ぎになってみんなに広まる。誰かがこういうことをしてくれない限り永遠くんの革細工は世に広まらない。
でも「速さくん」は飽きっぽいのでその革細工にすぐ飽きます。そしてとなりのクラスにいる銀細工職人くんをみつけて「なにこの銀細工!すげー!みんなー!銀細工だってー!みんなー!すごくなーい!?!?」となる。
永遠くんからしたら浮気者に見える速さくん。

でもその後に速さくんが二人のところにやってきてこう言ったりする「この革細工と銀細工をあわせたら、もっといいもんになるんじゃね?どう?どう?」こうして新しい作品が生まれる。人と人との橋渡しができるのが速さくんのすごいところ。社会は人と人のつながりでできているから、そのつながりを積極的に作ってくれるのが速さくん。
永遠君たちはもともと一人で生きていけてしまうから、コミュニケーション能力がひくい。日本中の職人の世界で後継者不足って話がでてるのもそう。自分がいい仕事さえしていれば周りからいつか評価されるし、ある日ひょっこり若者がやってきて「この作品に感動したんで、弟子にしてください!」って言ってくれるのが理想とか思ってるんですよ。そんなの来ないですよ。自分の技術を後世に残したいならリクルートちゃんとしなさいって言いたいけど、その能力はないんです。自分でできないならむしろ速さくんにお願いしたほうがいい。速さくんはつながりたがっているから。

【永遠を求める人の終わりなき旅】
求めるものが「永遠」と「速さ」それぞれありますが、どちらもゴールが存在しないんじゃないかと思います。

永遠を求めるというのは、その技術の向上だったりより良い作品を作ることだったりしますが、当然そこには終着点がないです。科学の歴史がずっと続いてきたことは分かりやすいと思いますが、1人の科学者の一生ではゴールにはたどり着かない。人類の歴史がつづくかぎり進み続ける。アートも同じで、1人の作家の中の成長も死ぬまで続くし、先人の作品を次の世代が受けて次の作品を作っていきます。道がひたすら繋がっていくだけ。

そもそも終着点があるなんて思ってない。いつまでも尽きない好奇心と探求心で生きていく。その道を進めば進むほどにやりたいこと・やるべきことは増えていく。故にこの生き方には退屈がなくなります。そのかわり満足感を得ることも少ないようです、残念ながら。「満足を得ることがあっても一瞬だ」と言う人が多い。でもその人たちはその道を生きて行く。そう決めているから。それが永遠を求める人。

ここらへんはショーペンハウアーの『幸福について 人生論』で苦痛の人生と退屈の人生の比較について書かれてますので読んでみてください。昔の本だし訳本なのですっごく読みにくいと思うけど、けっこう面白いです。

【速さを求める人の終わりなき努力】
速さを求めるというのは「他の人よりも速く」という意味があって、「アキレスと亀」のように、終わらない追いかけっこを無限にしているような印象があります。どこまで走っても、走り続けるだけでどこにも辿り着けないんじゃあ。

そしてメディアなどの情報を届けようとする類の仕事はどうしたって最速にはならないです。なぜなら情報を生み出すのは永遠くんの方だから。

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」(アラン・カーティス・ケイ、パーソナルコンピューターという概念をつくった科学者)という言葉の通り、情報の最大の発信者は永遠くんです。

情報発信の本当の一番手は永遠くんです。速さくんはそこからもらった情報をクラスメイトに伝えるだけなのでどれだけがんばっても2番手にしかなれない。これは速さくん自身ではコントロールできないことなので、他の人を出し抜いて2番手になるために必死になるしかない。

僕からすると、そこに無理がたたってるような印象です。

【まとめないまとめ】
僕は永遠を求めるタイプというか永遠に憧れているタイプです。そもそもコマ撮りを選んだのも昔からある技術で普遍的な手法だと思ったのも1つの理由だと思います。自分にとっての新しい技術を身に付けたいとは思うけど、世間にとっての新しい技術に飛びつきたいとは思えないのです。

速さくんの満足感がどこにあるのか、僕はまだ知りません。自分はそちら側ではないと思っているので。一方的な考えなのでこの話は偏見なんです、すいません。

どの生き方にせよ答えなんてないんでしょう。そして人は完璧にどちらかに分かれるのではなく、この2種をどちらも持っていて、そのバランスの問題なんだと思います。永遠と速さの求めるバランスとか、こうなりたいというバランスと実行できるバランスがまた違うということもあるでしょう。

はい、あってるのことなのかどうかも分かりませんが、こんなことを考えましたという話でした。お粗末様でした。

MacBook Proを買いました。

こんにちは。MacBookを買い換えました。

前のやつの動作がめちょくちょ遅くなったし、前の画面が13インチだったんですが、15インチくらい広いといいなーと思っていたので。そんなことを考えたタイミングで新しいバージョンが発表されました。キーボードの上の方にタッチバーっていうタッチパネルがついたやつ。そっちはUSBのポートが無いのでやめました。1つ前のモデル、2015年発表のやつを買いました。新しいのが出たおかげで安くなったしなによりUSBのポートがあるから。コマ撮りの撮影の時に、カメラと繋ぐのにUSBケーブルを使うのです。ケーブル変換はありますが、そういうのをかますとデータ転送でエラーが起こる可能性があるからね。1日に千回以上シャッターを切って、1度のエラーもいやだからね。
今持ってるやつよりも賢いんだし。
ちなみに編集なんかもMacBookでやってしまいます。家にiMacも持ってますが、そっちの方が古いので賢さがちょっと弱いってのと、編集作業は小さい画面でも全然できるし、マウスなくてもトラックパッドで作業するのなれているのです。

パソコンを新しく買って最初にするのが単語登録です。ユーザー辞書に漢字変換とかをそこそこ登録します。「泰人」を真っ先に登録しますね。次にやるのが「コマ撮り」と「コマドリスト」、いまなら「コマコマ隊」「コマドリル」も登録。

それでここから便利な技的なものを紹介したいのですが、僕は「をを」と打って変換をしたら自分の電話番号が出るように単語登録してます。「ををを」と打って変換したら住所です。そして「ほりんご」って打ったらHotmailのアドレスが、「じりんご」って打ったらGmailのアドレスが変換で出るようにしてます。

もともとパソコンで使うアドレスを「ぎんりんご」で登録してました。最初に買ったパソコンが銀色ボディのG5だったので。そのあとHotmailとGmailを使うようになって「ほりんご」「じりんご」って。これ「ほっとめーる」とかに登録してると文章の中で「ホットメール」って打ちたい時に困るのです。なので絶対に文中に出てこない架空の単語にしました。「をを」とかもそう。「電話」とかって普通に文章に書くからね。
うーん、紹介しておいて思ったけど「ほりんご」は変だなぁ。「めあほ」(メールアドレスHotmailの意味)とかどうでしょう。

パスワードはそういう登録をしてませんが、キーボードを右手だけで入力できる単語にしてます。両手を使って入力するより楽です。それをスマホで入力するときには関係ないことになるけど。

ではでは、今日はこのへんで。

理由付けができるようになるトレーニング

前回の日記で理由付けの必要性みたいのを色々と書きましたが、今日はそのつづきです。

理由付けができる能力というのは感性というよりも言語能力です。必要なのは感性ではなく賢さです。なのでアートをしたい人には苦手だと思います。でもですね、理由をつけれる人の方がいい作品をつくれるもんです。それを今日は語ります。

なぜ理由がつけれないのか。どうやって理由をつけれるようになるのか。

理由がつけれないことの大きな原因に「選択肢の中から選んでいないから」があります。たとえばイラストを描きたいときに中学とか高校の頃にPainterやsaiとかのペイントソフトをはじめて知って、それ以来ずっとそれで描いてきた人に「なんでペイントソフトで描いてるの?」と聞いても「いや、これでずっと描いてきたから」としか言えません。でも水彩画や油絵や色鉛筆を一通り触った上でデジタルツールを使ったとしたら「これにはこういう特性があって、こういうのに向いているから使っている」と理由が説明できます。それぞれの長所と短所を分かった上でツールを選ぶ。そうすれば、選んだツールの特性に合わせて絵の内容も変えれたりして、作品はさらに力を増すでしょう。

でも自分が選択肢を1つしかしらなかったら、そのツールがもつ長所も理解しきれません。そのツールを使ってる理由も説明できません。だから、自分がやろうと思っていること以外の選択肢を知っておけ、という話です。

実際に自分で作れるのなら、1度は手を出しておくべき。映画とかだとそう簡単には作れないから、他人の作品を多く見ておくということ。

コマ撮りを作るならコマ撮りだけでなく、実写映像と3DCGのアニメーションとどう違うのか、それぞれ何が得意で苦手なのかを考えます。

いろいろな画材を使えるようにするのは自分の武器を増やすという形だし、コマ撮りに対して実写や3DCGを見るのならライバルについて知るという形になりますが、どちらも多くある選択肢を認識した上で自分がどれを選ぶかということです。

理由を言えないのはこの選択肢の多さを認識してないからです。いまは技術的な例えでしたが、かっこいい or かわいい、テンポがいい映像 or スローな映像、日本的 or 欧米的、とかとか作品の方向性や演出にだって多種多様な選択肢があるんです。それを認識しておこうということ。

単純な言い方ですれば、知識と経験が少ないのが理由付けが苦手な原因ですね。知識と経験があれば、そこからいろんな理屈をこねれるようになります。

とは言っても作品を作るときは理屈よりも思いつきがきっかけだし、最初からわりと完成形のイメージが出てしまうでしょう。そんなときも「こうではなく、こっちにしたらどうなるか」を考えるといいです。そして一人で考えるだけでなくその別案を友達に聞いてみるといい。「そっちがいいね」と言われたらそこには何かがプラスな理由があるわけで、そのプラスの要素が作品全体の方向性とあっているかどうかを考えるきっかけになります。そして「変えない方がいい」と言われた場合も同様で、変更したら何かマイナスがあるから変えない方がいいとわけで、作品全体の方向性と何がずれていたのかを考えるきっかけになります。

だから自ら選択肢を一度増やすことを考えるべきです。もしもキャラクタの性格が違ったら、あるいはキャラの性別も違ったら、この形が違ったら、色が違ったら、アングルが違ったら、たらたらたら。プロはそういう他の可能性について真剣に考えます。打ち合わせのときに他の可能性をあげまくります。そして散々話し合ったあげくに「やっぱ、最初のがいいね」となることだって頻繁にありますが、そのときには「なぜこれがいいか」をしっかり言えるようになっているわけです。「他ではなくてこれがいいんだ」と言うために他を考えておくということです。

というわけで選択肢をいろいろと知っておくのが理由付けができるようになる方法だと思うのですが、それとは別で友人から聞いたトレーニングを紹介。それは

「好きな作品の好きな理由を説明する」

これですね。まさにそうだと思う。なぜそれがいいのか理由を考えていれば、自分の作品のときも理由を思いつけれるようになると思います。あとこれ文章にした方がいいと思います。日記とかレポートみたいにかな。文字にするいうのはぼんやりしたイメージに明確な形を与える行為なので。自分の考えがはっきりしてくると思います。また理由付けは他人に話すことなので、言葉で納得してもらわないといけないので、あらかじめ言葉でトレーニングするのは有効です。

逆に「つまらないと思った作品のつまらない理由を説明する。自分だったらどうするかを考える」も有効だと思います。これはこれで面白い。

まとめた結論を言うと「感性だとか直感だとか、ぼんやりした思いで作品を作ってる場合じゃない!いろいろと考えなさい!」ということだと思います。

お互い、がんばりましょう。