カテゴリー別アーカイブ: 日記

理由付けができるようになるトレーニング

前回の日記で理由付けの必要性みたいのを色々と書きましたが、今日はそのつづきです。

理由付けができる能力というのは感性というよりも言語能力です。必要なのは感性ではなく賢さです。なのでアートをしたい人には苦手だと思います。でもですね、理由をつけれる人の方がいい作品をつくれるもんです。それを今日は語ります。

なぜ理由がつけれないのか。どうやって理由をつけれるようになるのか。

理由がつけれないことの大きな原因に「選択肢の中から選んでいないから」があります。たとえばイラストを描きたいときに中学とか高校の頃にPainterやsaiとかのペイントソフトをはじめて知って、それ以来ずっとそれで描いてきた人に「なんでペイントソフトで描いてるの?」と聞いても「いや、これでずっと描いてきたから」としか言えません。でも水彩画や油絵や色鉛筆を一通り触った上でデジタルツールを使ったとしたら「これにはこういう特性があって、こういうのに向いているから使っている」と理由が説明できます。それぞれの長所と短所を分かった上でツールを選ぶ。そうすれば、選んだツールの特性に合わせて絵の内容も変えれたりして、作品はさらに力を増すでしょう。

でも自分が選択肢を1つしかしらなかったら、そのツールがもつ長所も理解しきれません。そのツールを使ってる理由も説明できません。だから、自分がやろうと思っていること以外の選択肢を知っておけ、という話です。

実際に自分で作れるのなら、1度は手を出しておくべき。映画とかだとそう簡単には作れないから、他人の作品を多く見ておくということ。

コマ撮りを作るならコマ撮りだけでなく、実写映像と3DCGのアニメーションとどう違うのか、それぞれ何が得意で苦手なのかを考えます。

いろいろな画材を使えるようにするのは自分の武器を増やすという形だし、コマ撮りに対して実写や3DCGを見るのならライバルについて知るという形になりますが、どちらも多くある選択肢を認識した上で自分がどれを選ぶかということです。

理由を言えないのはこの選択肢の多さを認識してないからです。いまは技術的な例えでしたが、かっこいい or かわいい、テンポがいい映像 or スローな映像、日本的 or 欧米的、とかとか作品の方向性や演出にだって多種多様な選択肢があるんです。それを認識しておこうということ。

単純な言い方ですれば、知識と経験が少ないのが理由付けが苦手な原因ですね。知識と経験があれば、そこからいろんな理屈をこねれるようになります。

とは言っても作品を作るときは理屈よりも思いつきがきっかけだし、最初からわりと完成形のイメージが出てしまうでしょう。そんなときも「こうではなく、こっちにしたらどうなるか」を考えるといいです。そして一人で考えるだけでなくその別案を友達に聞いてみるといい。「そっちがいいね」と言われたらそこには何かがプラスな理由があるわけで、そのプラスの要素が作品全体の方向性とあっているかどうかを考えるきっかけになります。そして「変えない方がいい」と言われた場合も同様で、変更したら何かマイナスがあるから変えない方がいいとわけで、作品全体の方向性と何がずれていたのかを考えるきっかけになります。

だから自ら選択肢を一度増やすことを考えるべきです。もしもキャラクタの性格が違ったら、あるいはキャラの性別も違ったら、この形が違ったら、色が違ったら、アングルが違ったら、たらたらたら。プロはそういう他の可能性について真剣に考えます。打ち合わせのときに他の可能性をあげまくります。そして散々話し合ったあげくに「やっぱ、最初のがいいね」となることだって頻繁にありますが、そのときには「なぜこれがいいか」をしっかり言えるようになっているわけです。「他ではなくてこれがいいんだ」と言うために他を考えておくということです。

というわけで選択肢をいろいろと知っておくのが理由付けができるようになる方法だと思うのですが、それとは別で友人から聞いたトレーニングを紹介。それは

「好きな作品の好きな理由を説明する」

これですね。まさにそうだと思う。なぜそれがいいのか理由を考えていれば、自分の作品のときも理由を思いつけれるようになると思います。あとこれ文章にした方がいいと思います。日記とかレポートみたいにかな。文字にするいうのはぼんやりしたイメージに明確な形を与える行為なので。自分の考えがはっきりしてくると思います。また理由付けは他人に話すことなので、言葉で納得してもらわないといけないので、あらかじめ言葉でトレーニングするのは有効です。

逆に「つまらないと思った作品のつまらない理由を説明する。自分だったらどうするかを考える」も有効だと思います。これはこれで面白い。

まとめた結論を言うと「感性だとか直感だとか、ぼんやりした思いで作品を作ってる場合じゃない!いろいろと考えなさい!」ということだと思います。

お互い、がんばりましょう。

作品に理由付けが必要なわけ

はい、こんにちは。泰人です。

先週の火曜日に静岡産業大学にお邪魔しまして特別講義というのをしてきました。自分の学生時代からいまの仕事に繋がるまでを喋ってきました。その後に学生さんから出た相談がこちら。

「作品を作るときに先生から理由を説明しろといわれて困っています」

ありますよねー、おそらく多くの学生さんが悩んでいることなんではないでしょうか。理由をいろいろと説明するの難しいし嫌ですよね。「面白いと思ったから作った」以外に語りたくないですよね。芸工大の卒業制作にも論文をつけないといけませんでした。そして申し訳ないですが僕はそこから逃げました。『オオカミとブタ』は卒業制作ではなく完全な趣味として作ったものです。論文が嫌だったのでプログラミングが専門のゼミに入りました。C言語を使ってPhotoshopのフィルタを自作するみたいなことです。そっちはアルゴリズムの解説をしたら論文としてOKだったのである意味で楽でした。逃げただけじゃなくて前向きな理由を言えば「卒業をしたらプログラミングなんて勉強しないだろうからここで一回勉強しておこう」というのもありました。

さてさてそれで働き始めて6年くらいたちますが、だんだん理由付けについてわかってきたので「理由付けが必要なわけ」と「理由付けが出来るようになるトレーニング」を書こうと思います。

まずは「理由付けが必要なわけ」から。

学校の課題では理由を求められると思いますが、働き始めたらもっと理由を求められます。2つの方向から求められます。1つめはクライアントに説明する理由。CMをつくるとしたら「かわいいCM」を作るのか「かっこいいCM」を作るのか、どちらがより良いのかをクライアントにプレゼンで説明しないといけないわけです。この場合「商品がかわいいので女性にうけるようにかわいいCMにしましょう」と言ったり「御社はこれまでかわいいCMだったから、ここでかっこいいCMにして新しいユーザーを獲得しましょう」でもなんでも。(こういうことを考えるのは基本的に広告代理店の役目です)その理由とかCMを作った効果を理解してもらわないとクライアントはお金をだしてくれないわけです。「なんとなくいいCM作ってくるんでお金ください!」と言っても予算はおりません。

僕の場合ですと「コマ数は10fpsか8fpsがいいと思います。なめらかに動きつつもコマ撮りらしいカクカクした動きになるのでアナログ感とか手作り感を表現できます」みたいなことを言います。

そして理由が必要になるもう1つの方向が、スタッフに向けての理由です。監督というのは英語でDirectorですが、これには道案内人という意味があります。映像を作るときには監督以外にカメラマン・照明マン・美術・スタイリスト・メイクさんなどなどいろんなスタッフがいて協力しあっていくわけですが、これを山の中を進む団体だとしたら、監督が「あのかっこいい山をめざそう!」と言わないとみんなで迷子になるわけです。目的地がハッキリしてないとスタッフそれぞれがうろうろと歩いて結局どこにも辿り着けない作品が出来上がります。でも監督が「あの山(かっこいい系映像)に登りたーい!」と言う。そしてみんながそれに納得したらそちらに迎えるわけです。そのときにも監督からスタッフへの理由付けが必要になります。「こういうロケーション撮影がしたい!だってこういうシーンを描きたいから。視聴者にこれを分かってもらいたいから」などなど。そしてそういう目的意識が高いとですね次にスタッフからの提案がもらえるんです。「監督、かっこいい映像にしたかったらこういうアングルで撮影したらどうでしょう?」「こういう照明機材を使うといい感じにかっこよくなりますよ」とかとか。

そして技術屋たちも理由をつけます。「手持ちカメラで揺れながら撮影すれば、登場人物の不安を表現できます」「ロングで撮影すればこういう意味がつけれます」「この色を使えばこういうイメージになります」のように理由をつけて、つまり目的意識のある選択肢をみせてくれます。スタッフたちは一流であればあるほどそれぞれがいろんなスキルを持っていて、やれることの選択肢がたくさんになります。そのときに元々の作品の目的地がハッキリしてないとバラバラな技術の寄せ集めになります。それを1つの方向性に向けていくためにも色んな場面で「この方向に向かっているから、このやり方でいこう」という説明が必要になります。

逆に、どちらでもいいなって思うときにも理由があるとよいです。例えば「主人公のスーツの色は青と黒どっちがいい?」みたいな。「どっちでもいいじゃん、それでセリフが変わるわけでもないし」と思うかもしれませんが、そんなことはなく「青色なら若さを表現できる。黒色なら真面目さや落ち着きを表現できる」という理由がつけれます。「スーツだったら色はなんでもいい」という作品と「スーツの色にも理由をつけて演出の1つにする」作品のどちらがよいか。最初の明確な方向が決まっていればそれに則って小さなものごとの選択を決めることができ、それが小さな加点として作品全体のクオリティをあげていくことになるはずです。

 * * * * * * * * *

ここまでは明確なクオリティにつながる理由づけの話でした。もう1つ精神的な感じの話を。作品を作るときに理由を説明できずに「なんとなくこれで」となってしまっているのは自分の中で作りたいもののイメージがほわっとしているからです。まあ、最初はそうだと思います。みんなほわっとしてます。理由や理屈を考えてから作品作るを始める必要なく、理由は後付けでも全然いいです。というか大抵の人はそうだと思います。後付けで理由をつけるというのは自分の作品についてや自分の心の中をじっくり観察する行為です。なんで自分はこれを作りたいんだろうを考える行為です。これはやったほうがいいと思う。なんとなくで作っていくといつか作品が作れなくなります。「友達を笑わせたいから」とか「前回はこういうのを作ったから、今度はこういうのを作ってみよう」とかそういうのでいいから自分がなぜ作るのかは考えたほうがよいです。

そういう目的意識がしっかりしてないとですね、作品を誰かに見せたときにそれが上手くいったかどうかが分からないことになるんですよ。辛い料理を作って食べてもらって「辛い」って言われたら成功で、逆に「甘い」って言われたら失敗というのはわかると思います。でも自分で辛いか甘いかわかんない料理をつくったら「辛い」と「甘い」の感想たち全部が成功でも失敗でもないものになってしまう。どんな感想が返ってくるのかの実験だったらそれでもいいですが、そういうのばっか作っても作家としては前に進まないかな。すべてのことは次の作品作りに活かせばいいわけですが、そのためにはしっかりを感想を受け止めて反省をするためにも目的意識はしっかりしておいた方がよいでしょう。それが理由を考えることにつながると思います。

ま、ま、まあ、まあ、個人の感想です。いち意見です。

学校の先生に「これを作った理由を説明して」と言われてもね、たぶんやる気はでないと思いますが、将来仕事になったときにはクラアントやスタッフや自分に対していろんな場面で説明をしないといけなくなります。その練習だと思って、頑張って下さい。

* * * * * * * * *

次回、「なんで理由付けができないか」「理由付けが出来るようになるトレーニング」「マスオさん、海に帰る」の3本です。来週も見てくださいね。じゃんけんぽん!うふふふ〜。

人を動かす知的なプーさんの旅

最近読んだ本の記録をつけておこう。最近といってもここ2〜3ヶ月のことだと思う。

 

kotoba
『人を動かす秘密のことば』
前田知洋
Amazon

尊敬するマジシャン前田さんの本。内容はよく知らずに買いました。
人との会話のなかで、嘘をつくことつかないこと、あえて言わないこと、会話のキャッチボールのしかたや、ボディランゲージなどなど、会話についての前田さんの考えが多数書かれている本。前田さんの過去の経験の紹介もあって、事例や内容や扱うテーマもものすごく多岐にわたっています。とてもおもしろい本。やはり前田さんはいろんなことを考えてマジックをされてるんだなというのがわかる。

 

kyorikan
『知的な距離感』
前田知洋
Amazon

おなじくマジシャン前田さんの本。2冊つづけて読みました。こちらはコミュニケーションにおいて、相手との距離とプライベートエリアについて書かれた本。人とのやり取りの中で嫌われない距離のとりかたや、自分のプライベートエリアの見せ方によって相手にどう思われるかなどなどが書かれてます。距離感やプライベートエリアについて考えたことがなかったので、面白かったです。ただ、読んだからといってすぐに距離のとりかたが上手くなるかというとそうでもないと思うけど、映像の演出を考えるときにチラっとプライベートエリアについて考えてもいいかも。タイトルが素敵。

pooh
『プーさんの鼻』
俵万智
Amazon

短歌の歌集ですね。そんなに読んでないけど俵万智が好きで、子供も産まれたし、なんとなく知ってたのでこの歌集を買ってみた。よかった。タイトルにもなっているこれ、いい。

生きるとは手をのばすこと幼児(おさなご)の指がプーさんの鼻をつかめり

そうだなーって。この歌のときにこの子が何ヶ月なのか知りませんが、うちの娘(3ヶ月)も手をばたばたさせています。
もっと好きなのはこれ。

湯からあげタオルでくるむ茹でたてのホワイトアスパラガスのようだね

そうだなーって思う(笑)。もく浴やる度にこの歌を思い出す。

 ragos
『旅のラゴス』
筒井康隆
Amazon

全然面白くなかった。アマゾンのレビューだと星4.0。評価は高いし、そこそこ有名な本だと思うので読んでみたんですが、ダメでした。主人公が無駄にモテるんですよ。そこが嫌。ラゴスは旅をしていくんですが、行く先々でモテるんです。最初に少女に好かれて、次に奴隷になったときにある女性と夫婦にならざるおえなくなって夫婦生活をして、その人を捨てて旅に出て、次の場所では二人から求婚されて仕方なく両方と結婚するのに、また勝手に旅にです。どれも自分にはその気がないのにモテる。しかもラゴスは頭がいいからどこにいっても重宝がられる。その気がないのにみんなにチヤホヤされる!なんか最近のラノベの無気力で何でもできるハーレム主人公みたい、とか思った。別にそんなラノベは読んだことがないですが。

そうだ、前に『残像に口紅を』を読んだ時もダメだった。まったく好きになれなかった。ちなみ『残像に口紅を』は世界から1つずつ文字が消えていくというメタ的な話で章が進むにつれて小説で使える文字数が減っていくというもの。主人公とその友人だけがその文字が減っていくというルールを自覚している。そっちの小説でも突然に「文字数が制限された小説で性描写ができるかやってみようぜ」ってメタ発言をして主人公が浮気してセックスのくだりが長々と続くし。セックスをはじめるの意味がわかんないし、なんで嫁さんとしないのか。そのモテ願望は何なん?!僕が草食系なのか?
というわけで、僕にとって筒井康隆がダメなんだと思う。村上春樹もその点で好きじゃないですなぁ。

あと、この小説はSFなんだけど、SF作品としても好きになれなかった。SFは好きなんだけど、SFの中でも好きなものと好きじゃないものがあります。まあ、なんでもそうか。星新一とか全然好きじゃない。好きなのはフィリップ・K・ディックとか。

この小説がよくないとかではなく、好みがあわなかったということです。
長々と好きじゃないことを書いてしまった。なんでなんだろうね。好きな方を長く書けばいいのに。

あ、文庫版のこの表紙はいいと思う。