カテゴリー別アーカイブ: 日記

たいじん、本気出すって

先月、ツイッターで

「今日から本気出す。数年前から作ろうと思ってた自主制作を1月までに完成させる。完成させたい。完成させれたらなぁ。」

って呟いたんですよ。

自主制作しようと思って。そしてアニメーションの共同上映会に参加しようと思って。それで上映会のスケジュールは決まってるから締め切りがきましてね、ヤバイよヤバイよってなったんです。

それで、ちょっと呟いてみたんです。
そしたらTwitterでイイネが13個もついて、facebookでもイイネが69個もついて「がんばって下さい」みたいなコメントが7つもついた。
なんか、すごいなぁ。承認欲求がこれで満たされてしまう気がするよ(笑)作らないとダメだけと。

「明日から本気だす」って言葉はもうネタみたいなものとして、ネットで浸透してると思うんですけど、そうならないように“今日から”って言ってみたわけです。

それで呟いてみて考えるのは「本気を出す」ってどういうことかなってこと。前に読んだ啓発本に書いてありましたよ。「本気を出す」「ちゃんとする」「努力する」みたいな言葉はあいまいで目標にはならない。そうではなく「1日30分勉強する」「テキストを5ページずつ進める」「毎月企画を3つ考える」みたいに具体的な数字で目標を書きなさい、と。

僕の場合は、現時点では「毎日、制作時間をつくる」「制作時間を増やす」ということになるかな。具体的な数字じゃないですが。

むかし森博嗣が毎日ブログを更新してたときにファンから「毎日ブログ更新するなんて凄いですね。よく時間つくれますね」みたいなことを言って森博嗣が「君たちみたいに娯楽をしないからね」みたいなことを言ったんですよ。

そうなんだよね。やる事を1つだけ決めてそれ以外をしなければ時間はとれるんよ。
テレビも漫画もゲームも友達とのLINEもfacebookもTwitterもレジャーも合コンも飲み会も、全部やめれば時間は作れるんよね。
本気を出すってそういうことよね。

実際どこまでやめれるんでしょうね。

ただ、やめれないのが1つありまして、いま娘がいまして、1歳2ヶ月なんですけど、子育てはやめられないね。やりたいしね。ご飯あげたりお風呂いれたりオムツかえたり保育園に送ったりしたいからね。

そんな感じですが、ちょっとがんばって自主制作やります。何年も前から考えてたピエロが出てくる話を作ります。

そして上映会についてなんですけどね、数年前に一度参加しますって言ったのに「作品間に合わないです、ごめんなさい」って辞退したことがあるんです。さすがに2度目はないなーって思ってる。友達との約束を2度は破れない。そういう意味で、がんばる。

shu uemura

こんにちは。
6月12日です。
5月末から6月頭にかけて8日間撮影っていうのをしてきました。しかも1つの企画ではなくて2つの企画があって、最初日曜日から水曜日までN社の撮影があって、木金はD社の撮影で、さらに土日で再びN社の撮影っていうバタバタしてる間にiPhoneが壊れて慌てるっていう、そんな1週間でした。

今回は編集が僕ではないのでいま暇になりました。2月くらいからずっと忙しかったのが、一気に落ち着いたわけで、いくつか報告の日記を書こうかなと思ってます。

shu uemura
『the magic of one step cleansing』

メイクとかクレンジングオイルのブランドshu uemuraの映像を作ってきました。内容としては「クレンジングオイルをした後に洗顔をするとお肌によくないよ。クレンジングオイルだけでいいだよ」というのをリンゴを使ってみせるというもの。shu uemuraの研究室でそういう比較実験の結果がありまして、それをwebや店頭で流すムービーにして伝えようと。

リンゴでコマ撮りするのも何回目かな。今回はワンカット的な作り方をしているので、酸化がネックでしたね。リンゴの表面がどんどん茶色くなっちゃうんですよ。なので撮影をしている最中にリンゴの表面を何度も濡らしながらコマ撮りしていきました。

途中に早送りで茶色くなっていくシーンがありますが、あれは本当にリンゴにファンデーションとかのメイクをほどこして、クレンジングオイルをやって片方には洗顔もして、同ポジに置いてインターバル撮影をしてますよ。26時間くらいやったのかな。初日にコマ撮りをしたあとに夜通しインターバル撮影をしつつ、撮影台をもう一つ用意して別のシーンを撮影したりして、インターバル撮影を終えてから続きをまた撮るみたいな手順でした。夜通しインターバルをしてくれたのはカメラのアシスタントさんなんですが、ありがとうございました。

仕事の報告1つめはこんなところ。

True Love Story

こんにちは。
みなさん、元気ですか?僕は風邪をひきました。セキが酷くて寝れません。医者に行って薬をもらって安静にしています。「忙しくしてて暇になったら風邪をひく」っていうのがパターンだと思ってたんですが、いま忙しい真っ最中なのに風邪をひいております。ご迷惑かけてすいません。

さて、そんな中、コマ撮りの新作を発表します。風邪を引く前に作ってきました。True Love Storyというタイトルです。ご覧あれ。曲がよいのヘッドフォン推奨です。

これが何のための映像だったかの話をしたい。

僕が普段音楽でお世話になっている樋口さんが4月15日に結婚式をあげました。おめでとうございます!それでプロフィールムービーを作ってほしいと頼まれまして、いままでの恩返しのつもりで作りました。
脚本とキャラデザは青柳貴哉さん。青柳さんは樋口さんの中学校からの同級生で、樋口さんとお笑いコンビ「ギチ」をしている、天才という意味で変態な人です。

その青柳さんがストーリーを考えて僕がそれをコマ撮りにするという感じでした。
二人で喫茶店で会ってストーリーを考えましょうってなって
泰人「何かアイデアありますか?」
青柳「まず男がおって、自転車に乗ろうとして」
泰人「はいはい」
青柳「そしたらカゴに鯛の頭が乗ってるんよ」
泰人「はい(?)」
青柳「そしたら甲冑男が刀を振り回してバーッて来て、男は逃げるんよ」
泰人「ふんふん」
青柳「んで、男の首が切られて、甲冑は鯛を持って去るんよ」
泰人「なるほど」

(青柳さんの口調はなんとなく再現)

こんな感じで打ち合わせは進みました。とにかく青柳さんはアイデアが出てくるので、僕はそれの手綱をゆるーく持っていきました。

首からイチゴが出てくるのは僕が前に作ったモンキーデッドに似た感じの描写があるんですが、青柳さんがそれが好きだからどうしてもやりていってことで、僕としては同じネタをやるのは嫌いじゃないので今回もイチゴを使いました。

モンキーデッドこちら。

これの音楽も樋口さんに作ってもらってるんですが、僕がこんなのを作ってるの分かってるので青柳さんとタッグを組ませたというプロデュースなわけです。

それでストーリーを全部書き出したらとんでもない量になってて、ストーリーが決まってから結婚式まで3週間しかなくて、どれかシーンを削れないかなって思ったんですけど、青柳さんがね「いやー、自転車のカゴに鯛が乗ってるってネタはいつかやりたいと思っとんたんよ。実現したらまじ嬉しいわー」っておっしゃったのよ。これはどのシーンも削れないなって覚悟を決めて、死ぬ気で二週間で美術作りと撮影を終えました。残り一週間で編集。

コマコマ隊の大賀くんにも手伝ってもらいました。キャラは基本的に画用紙でできてますが、甲冑だけフィギュアを買って色を塗り直したり部分的に改造してやりました。

音楽は樋口さんの弟子の宮川祐史くんがオリジナル曲を作ってくれました。僕から「すごい曲!とにかくすごいのを!」というアバウトでひどい感じの曲のオーダーでしたが、みごとカッコイイ曲を作ってくれました。マヂありがとう。

とにかく楽しかった。こういう勢いでもっと作品を量産できないだろうか。やる気の問題かな。