カテゴリー別アーカイブ: 映画の話

裸足で踏むとめっちゃイタイ例のあれ

『LEGOムービー』見ました。
これはコマ撮りアニメーターのあべやすこさんからお勧めされて見ました。
そうそう、最近の見る映画はぜんぶ誰かにお勧めされたやつです。ひたすらお勧めの映画を聞いてまわってて、それを携帯にメモって(誰から勧められたのかも書いてる)レンタルDVD屋さんにいったときにそのメモを開いてどれを見ようか決めるという感じ。

すごいよかったー。
これは全年齢におすすめしたい。見てない人は是非見て欲しい。大人も楽しめるし、むしろ大人へのメッセージがある。そしていま予告編がよくないって話をきいてYouTubeで予告編みたけど、日本語吹き替えのセリフが全然ちがってて、これみたら見る気なくすわって思った。予告編は見なくていいです。

CG映画です。コマ撮りに見えるけども。シーンによってはフレームレートをさげるというか、キャラクターがピコピコ動く感じにしてて、おもちゃっぽくて良かった。あと質感にかんして言えばブロックだけなら全然リアルに見えるというか、本物に見えるね。
あべさんが勧めてくれたのも、そのコマ撮りっぽさの点ででして、動きとかテクスチャーのチラつきとかCGの人たちがどこをコマ撮り風と捉えているのかがわかるって。

しかしCGでコマ撮りそっくりな映像ができる時代ですからね、コマ撮りで映画を作る意義とか考えちゃうよね。
まあ、それでも僕はコマ撮りで作る意味があるものを作っているつもりですが。CGで同じものが作れたとしても手で作ることに意味がちゃんとあるものを作りたい、と思ってはいる。そうじゃないものも作るけど。CG映像も好きだから、敵対するのではなく住み分けを考えたい。

海とか爆発の煙とか全部レゴのブロックでカチャカチャカチャってできてて、すごいかっこいいなって思った。映画を見ながら(このシーンを本当にコマ撮りでやりたいなー)って思ってた。というか(なんで僕はこれをコマ撮りで作ってないんだろう)って思ってた。正直これをコマ撮りで作れるようなスキルとスタミナをいま持ち合わせていなんですけど、なんかそんなことを思って最初落ち込んでたわ(笑)

話がバツグンによかったです。ギャグのセンスもテンポもキレッキレなのでぜひ日本語吹き替えで見て欲しい。山ちゃんがめっちゃがんばってます。何役やってたんだろう(笑)あの人ほんとにすごいわ。

主人公は建設作業員で、どこにでもあるレゴ人形のパーツだけで作られてて、平凡な男性。平凡な主人公というのはよくあるけど、それをレゴのパーツまで含めて表現できてしまうから、レゴならではの説得力があっていいと思う。

マスタービルダーという「レゴパーツから乗り物とか道具とかオリジナルなものを自由自在に作れる存在」がいて、それがヒーローたち。これはレゴで遊ぶ子供達から見て憧れの存在であるし、またレゴで自由に作れる子供自身とも言えると思う。君たちがヒーローなんだ、と。そして面白いのは主人公はマスタービルダーではなくてマニュアル通りにしかものを作れないし、生き方もマニュアルにそったものしかできないという設定。そして彼はたぶん最後までマスタービルダーのようにはなれなかった。
主人公が活躍するシーンが途中で(当然ながら)出てくる。そのときに「マスタービルダーのように自由に作るということは敵も想定の範囲内だから、敵の裏をかくためにあえてマニュアル通りに作ろう!」という流れになるのが良いと思った。レゴで遊んでいる子供達の中にはオリジナルなものを作るのが苦手でマニュアルにあるものだけを作って遊んでいる子もたぶんいると思う。そういう子達も活躍できる場がストーリー中にあったというのが良かったと思う。レゴ社からしたら、好き勝手に作る子供も、マニュアル通りに作って遊ぶ子供も両方を大切にしたいだろうし。

僕の事を言うと、大学生のときに実家に帰省したときにレゴを見つけたから遊んでみようと思ったけど、全然できなかったんだよね。何を作るか考えようとしてもアイデアが出てこなかったんです。なのでいま主人公の気持ちがよくわかる。マスタービルダーはかっこいいというのがわかるけど、ストーリー中にマスタービルダーではない主人公が活躍できる話があったのが救いだと思う。

あと頭に車輪をつけるアイデアって僕も子供の時にやってたから、すごい笑った。2段ソファとかもしょうもないアイデアなんだけど、あういうかっこよくないアイデアしか出てこないのはよく分かる。

ちょっとここからラストのネタバレになっちゃうので見るつもりの人は帰っていただきたいのですが。

 * * * * * * * * *

「上にいるお方」という呼び方で人間の存在がちょこっとずつ出てくるけど(レゴ住人からしたら何かわからないけど絆創膏があるとか)、最後に本当に人間、男の子とお父さんが出てくるのはすごい良かった。レゴの世界からしたらメタ的に見えていた人間世界の話まで見せて、そこでの問題と解決を描いて、同時にレゴ世界の問題も解決させたのは本当に感動した。完璧なんじゃないかな。

あとあと、人間世界が描かれた事によって「レゴ世界の話は男の子の想像の話だったんだね」となるかと思いきや、人間世界でレゴ人形エメットがカタカタ動こうとしてて、「やっぱりおもちゃは人間が見てないところで動くんだ!」って思える展開がすばらしい。おもちゃの世界は人間の世界と共に存在しているのです。

「レゴで自由に遊ぶ子供達の敵は誰か」という話ですが、敵はレゴ以外のおもちゃ(例えばレゴVSテレビゲームとか)ではないし、レゴで遊ばない人たちが敵でもなくって、レゴの遊び方を「これ以外認めない」というお父さんが敵だったわけよね。というか敵ではないんだけど、自分以外のレゴで遊ぶ人と仲良くなるという話だったわけよね。そのつくりも良かったと思う。

敵である「おしごと大王」という名前はどういうことなのか疑問に思っていたけどお父さんのことだったんだよね。お父さんを「おしごと大王」って呼ぶのいいよね。どこの国でも仕事にかまけたお父さん像っていうのがあるんだよね。

これはどっちかというとこどもよりも、型にはまった生き方をがんばっているおやじ達が見る映画だよね?子供が見ても大人が見ても楽しめる映画になってるんだと思います。

そして最後にお父さんが息子を認めた後に「お前がここで遊ぶということは妹もここで遊ぶってことだ」というオチは良かったよね。お兄ちゃんからしたら言うことを聞いてくれない妹が自分の世界に入ってくるって世界の終わり並みに大変なことだし。すっごいおおげさな事を言うと、自分の自由を認めてもらうには他人の自由も認めなくてはいけないというジレンマの話かな。

ふぅ、感動したのはこんなところかな。他にも細かいナイスな演出がたくさんあって、どれも良かったです。

『ソフィーの世界』だったっけ「レゴで遊ぶと原子論を理解しやすい」って話があったよね。すべてのものはもっと小さいパーツ(原子)からなりたっていて、それらは分解したり結合したしする。最小のパーツ(原子)はそれ以上壊れることはない、という原子論のルールを直感で理解できるって話。思い出しただけですけど。

んー、最近のたいじんさん、ボイトレとダークソウルと映画の話ばっかりだけど仕事してるのかな?と疑問の読者諸賢!その通りです。泰人はいま仕事がなくて暇をしているんです。
その代わり、コマ撮りのwebサイトを作ろうと準備していますが。

と思ってたら7月から仕事が4つくらいかぶりそうで嫌なんですが。神様は何考えてるんだよ。

未来×愛×タイムパラドックスで1200万パワーだ!!

映画『LOOPER』を見ました。堤くんに勧められたんです。映画監督の堤くん。堤幸彦さんではないです。大学の後輩で映画監督をしている堤真矢くん。

http://ticktackmovie.net

彼がスターウォーズが大好きでして、何度か飲みの席で彼からスターウォーズ講習を受けてるんです。「何度か」っていうか「何度も」かな。あと『猿の惑星シリーズ』とドラマ『LOST』の講習もうけたことがあるなー、すべてのエピソードを語ってもらったことがあります(笑)。それで今度のスターウォーズエピソード8の監督がLOOPERの監督だってことで、僕がSF好きなのもあっておすすめされました。

なので本日はLOOPERについて、ネタバレをちょっとふくむ感じで。
あー、と言っても知り合いに話す感じでやりたいから、オチとかどんでん返しについては話さないやりかたにしたいかな。できれば無重力日記を読んだ誰かがその作品を見て、楽しんでもらえたらいいなと思っている。ちなみに僕はネタバレが嫌いなタイプでして、オススメはタイトルだけ聞いて前情報を一切いれずにストーリー展開に心底おどろきながら楽しみたいタイプです。

かなり面白かったです。
時代設定が2044年で、近未来で、服とか生活とかは全然いまと同じで、車はいまとちょっとデザインが違うものが走っているだけで、空飛ぶバイクが金持ちの自慢のアイテム。信号機の赤と緑の光がホログラムのように光っているという、見た目としてはバイクと信号機の2つくらいしか未来らしい未来ではないというのもいい感じ。信号機は背景にかろうじて見える程度しかないし空飛ぶバイクも1台しか出てこないし。
そしてファッションについては「おまえらは古い映画の真似ばっかして、その首にかかっているヒモ(ネクタイ)をやめろ。もっと首の周りを光らせるとか、全部ゴム製にするとかしろ!」みたいなことを劇中に言うんですが、これはメタ的な発言に聞こえて笑えるし、2044年の人々の生活が今とかわらないことのよい説明になっている。あとデストピア的というか、ギャングとスラム街の話にしているから、風景がいまとかわらないこの設定はよく作られていると思う。

それでタイムスリップの技術が完成したのはその30年後というのがいい。さらに未来の世界があって、そこの話が少しだけ描かれているというバランスも、2044年が現実のものに見えてくるというか。

これはタイムスリップものなんですが、脚本がかなりしっかりしている。難しい話になるかと思いきや、わりと頭を使わずに分かるというのもいいと思う。タイムスリップをつかったネタもいろいろあって素晴らしい。ターゲットを過去に送って、過去の暗殺者が殺人をするという設定もいいし、その暗殺者への報酬も銀塊という物体なのも納得だし、暗殺者たちは自分の口封じのために最後は未来の自分を殺して(「ループをとじる」という)大金を手にして残りの一生を豪遊するというのも、(それゆえに暗殺者はルーパーと呼ばれる)ここまでのことが初期設定というのも驚き。この設定の上で話が進んで行く。

最終的に話の舞台も巨大な農地で、絵面はぜんぜんSFっぽくなくて、論点が家族愛とか子供の未来を信じれるかどうかになっていくんだけど、それも良かったと思う。SFが特に好きではない人にもサスペンスと人間愛の物語としてみてもらえると思う。

劇中で出てくるレインメーカーっていう名前ってさ、血の雨を降らす人って意味かな。一瞬だけど血がむっちゃでるシーンがあったじゃないですか。あれみたいなことをレインメーカーが何度もやっていて、そう呼ばれるようになったとかかな。

で、ちょっとね、ここからルーパーから離れることも書いていくんですけど。

LOOPERもタイムスリップものなので当然タイムパラドックスが起きるんです。未来から来た人がいるけど、過去が変わったとしても未来人はそのままそこにいて、未来人の過去に関する記憶がぼやけて新たに更新されるという理屈。そこの説明も「記憶というのは天気のように晴れたり曇ったりする」という説明で、さらに「これは説明がむずかしい」ということで劇中に未来人と過去人が出会ってしまうことの危険性とかパラドックスについての説明を放棄しているのがいい。
ドラえもんにあった「どの交通手段を使っても同じ目的地に着ける」という説明にちかいものな気がする。ドラえもんにもLOOPERにも矛盾はあるんだろうけど、それを納得させる雰囲気を出せるかどうかって大事ですよね。

設定の矛盾よりも、その設定をもとにどういう展開をさせるかが大事ですよ。
すごいなと思ったのは『デスノート』です。「ノートに名前を書くと、その人が死ぬ」っていう設定って斬新というよりは小学生が考えそうなアイデアに見えるんですが、そのルールをもとに心理戦というかサスペンスをめっちゃ展開していくじゃないですか。いかに他人にばれずに名前を書くかとか、誰に書かせるかとか真剣にキャラクターたちが考えて戦っていく。その話が進んで行くなかで「いや、ノートに名前を書くだけで死ぬっておかしくない?」って言うのは野暮なんですよ、バカなんですよ。

将棋の歩の動きに対して「横に動けば勝てるじゃん」っていうのは無意味なんですよ。棋士たちは「歩は前にしかいけない」というルールの上にものすごい戦いを繰り広げてくれるわけで。初期設定よりも、そこからの展開の方が大事だって話です。
というか優秀な作家なら設定がなんであれ、面白い話が作れると信じているんですが。

キン肉マンだってね、あるじゃないですかウォーズマン理論というやつが。
「(ベアークローを両手につけて)100万パワー+100万パワーで200万パワー!! いつもの2倍のジャンプが加わり、200万×2の400万パワー!! そして、いつもの3倍の回転を加えれば、400万×3の バッファローマン!お前をうわまわる1200万パワーだーっ!!」

もうね、めちゃくちゃなんですが、「これでいいんだー!!!」って勢いでやってくれたら、それでいいんですよ。変に正しく理屈を説明しようとしてほころびが目立ってくるよりも。

『バックトゥーザフューチャー』もタイムパラドックスが起きると写真の中の人物が徐々に薄くなって消えていくって、理屈で言ったら写真のインクがどうにかなるの?みたいなつっこみは不要ですよね。「そうなんだ!」って直感で分かることに置き換えてくれればよいわけで。

タイムパラドックスを解消するために設定をうだうだ考えるのやめたらいいんじゃないかな?っていう話かな?そうよね。SFだって未来とか科学技術を描きたいんじゃないですもの。その世界の中での人間賛歌とか人類愛を描きたいんですから、そこができていればパラドックスがあったってご愛嬌、あばたもえくぼ、アバターエルボーですよ。

ではこのへんで。