作成者別アーカイブ: Taijin Takeuchi

True Love Story

こんにちは。
みなさん、元気ですか?僕は風邪をひきました。セキが酷くて寝れません。医者に行って薬をもらって安静にしています。「忙しくしてて暇になったら風邪をひく」っていうのがパターンだと思ってたんですが、いま忙しい真っ最中なのに風邪をひいております。ご迷惑かけてすいません。

さて、そんな中、コマ撮りの新作を発表します。風邪を引く前に作ってきました。True Love Storyというタイトルです。ご覧あれ。曲がよいのヘッドフォン推奨です。

これが何のための映像だったかの話をしたい。

僕が普段音楽でお世話になっている樋口さんが4月15日に結婚式をあげました。おめでとうございます!それでプロフィールムービーを作ってほしいと頼まれまして、いままでの恩返しのつもりで作りました。
脚本とキャラデザは青柳貴哉さん。青柳さんは樋口さんの中学校からの同級生で、樋口さんとお笑いコンビ「ギチ」をしている、天才という意味で変態な人です。

その青柳さんがストーリーを考えて僕がそれをコマ撮りにするという感じでした。
二人で喫茶店で会ってストーリーを考えましょうってなって
泰人「何かアイデアありますか?」
青柳「まず男がおって、自転車に乗ろうとして」
泰人「はいはい」
青柳「そしたらカゴに鯛の頭が乗ってるんよ」
泰人「はい(?)」
青柳「そしたら甲冑男が刀を振り回してバーッて来て、男は逃げるんよ」
泰人「ふんふん」
青柳「んで、男の首が切られて、甲冑は鯛を持って去るんよ」
泰人「なるほど」

(青柳さんの口調はなんとなく再現)

こんな感じで打ち合わせは進みました。とにかく青柳さんはアイデアが出てくるので、僕はそれの手綱をゆるーく持っていきました。

首からイチゴが出てくるのは僕が前に作ったモンキーデッドに似た感じの描写があるんですが、青柳さんがそれが好きだからどうしてもやりていってことで、僕としては同じネタをやるのは嫌いじゃないので今回もイチゴを使いました。

モンキーデッドこちら。

これの音楽も樋口さんに作ってもらってるんですが、僕がこんなのを作ってるの分かってるので青柳さんとタッグを組ませたというプロデュースなわけです。

それでストーリーを全部書き出したらとんでもない量になってて、ストーリーが決まってから結婚式まで3週間しかなくて、どれかシーンを削れないかなって思ったんですけど、青柳さんがね「いやー、自転車のカゴに鯛が乗ってるってネタはいつかやりたいと思っとんたんよ。実現したらまじ嬉しいわー」っておっしゃったのよ。これはどのシーンも削れないなって覚悟を決めて、死ぬ気で二週間で美術作りと撮影を終えました。残り一週間で編集。

コマコマ隊の大賀くんにも手伝ってもらいました。キャラは基本的に画用紙でできてますが、甲冑だけフィギュアを買って色を塗り直したり部分的に改造してやりました。

音楽は樋口さんの弟子の宮川祐史くんがオリジナル曲を作ってくれました。僕から「すごい曲!とにかくすごいのを!」というアバウトでひどい感じの曲のオーダーでしたが、みごとカッコイイ曲を作ってくれました。マヂありがとう。

とにかく楽しかった。こういう勢いでもっと作品を量産できないだろうか。やる気の問題かな。

映像作家100人に載りました。

いやー、めでたい。

映像作家100人に載りました。

IMG_3492

IMG_3495

毎年でてる本でして、普通の映像監督というよりはアニメ作家とかも多く掲載されている本なんです。それに載りました。

数年前にも一度掲載していただいたことがありまして、再び載れてうれしい。

もらった本をみてると面白い映像作ってる人こんなにいるんだーって、友達になりたいなーっていう気持ちで見ると楽しいけど、仕事のライバルかなーって見ると引きこもりたくなるね。

忙しいことを打ち上げで話してるのを想像する。

漫画も、アニメも、テレビゲームも、SNSも、ネットサーフィンも
ぜーんぶやらなかったら
制作時間は余るほどある。

分かってるんですけど。

こんにちは。3月です。暖かくなったと思ったら案の定寒いですね。

1月からずっと忙しいです。年度末ってどこも忙しいらしいんですが、映像業界とか広告業界も忙しくて、その流れでコマ撮り業界も忙しいみたい。ほかのコマ撮り関係者(そうだ、コマ友って呼ぼう)も忙しいって言ってたし、コマ友から仕事しませんかって依頼があったのを「スケジュールパンパンで無理です〜」っていくつか断ったくらい僕も忙しい。そんで僕に依頼してきたってことはそのコマ友もスケジュールがやばくて作ってくれる誰かを探してたってことだから、コマ業界もいま忙しいみたい。そしていまのところ4月末までたぶん忙しい。

これって、年度末で余った予算を使いたいからなんですかねー?わかんないですけど。でもたぶん、真面目なCMは年度のはじめの頃に作ってて、真面目なキャンペーンとかも終わって年末あたりに「ちょっといつもと違うことしようよ、なんかコマ撮りとかさ〜」みたいな会議がされたりするのかな。そんな感じで需要があればいいな。

* * * * * * * * *

話を変えますか。

いまはやってませんが、昔やってた「忙しい時のストレス軽減法」の話。
仕事が忙しい最中に「いまやってる仕事の大変さを打ち上げで話しているのを想像する」というものです。
「あの仕事大変だったよなー。全然ねれなかったしー」みたいなことを友人に話しているのを想像するんです。

そうすると、忙しいという自分から少し離れるというか、自分ごとじゃなくなる。さらに打ち上げをしているっていうことは、その仕事は無事に終わってハッピーな状態になっているということで、成功の引き寄せの法則みたいに、仕事が上手く行ったんだっていう未来の自分を想像したことにつながって、やる気がでてくる。

もしくは取材バージョン
「仕事の大変さを情熱大陸で語っている自分を想像する」
情熱大陸じゃなくても、プロフェッショナルでもいいですけど。昔はトップランナーに出演するのとか夢でしたけど。

打ち上げは友人とか会社の上司とかを想像しますけど、フリーランスだとそういうのもないからね、取材を受けているのを想像しましょう。いかに作業が大変で徹夜をたくさんして、クライアントから無茶振りされたかというのをインタビュアーに語ったのちに「でも、あのときの大変さが、いまの自分を作ってるところがありますけどね・・・」みたいな(笑)

こちらは完璧に成功した自分を想像してます。

仕事の大変さって変わらないですが、気の持ちようというか、ストレスからちょっと自分の位置がずれるとそのストレスも減ると思うので。

この方法、昔やってたって言いましたが、最近やってないです。仕事が大変だってあまり思わなくなったので。大変だって思うことをやめるようにしたというか。もともとストレスがすごい嫌いで、ストレスを発散するということもできなくて、自分はどうしたかっていうと、ストレスを感じない努力というか、そもそも大変だろうがストレスだと思わないように気持ちを切り替え続けたというか。なので最近は忙しくてもそれをストレスに思わなくなってると思います。

そもそも好きなことを仕事にしてますから圧倒的にストレス少ない方ですけどね。でもこれもストレスから逃げた結果かもしれないな。やりたくない仕事をやらないですむように色々努力してるわけで。